2015/05/04

アヒージョの衝撃 (カンパーニャ嬬恋キャンプ場 2015 #3)

いくら疲れているとはいえ、真っ昼間の野外では眠れなかった。
でも1時間くらい横になっていくらか回復したと思う。

時間があるので、場内を散歩した。
ゴールデンウィークというだけあって、サイトは全部埋まっている。
家族連れが多い。
子供達がとっても楽しそうにはしゃいでいて、見ていて和む。

同じキャンプ場だけど、草原サイトと林間サイトではがらっと世界が変わる。

前回のサイト、A13にも行ってみた。
半年前に初めてのキャンプで使った場所だ。
他の方が使っていたので写真は撮れなかったけど、懐かしい気持ちになった。

設営に物凄く時間がかかったなあ。
寒くて眠れなかったなあ。

帰宅。


今日は本当に天気がいい。暑いくらいだ。


温度計を見ると、夕方なのに29度もあった。


ちょっと早いけど、夕食の支度。

僕は焚き火をしながら、
ナッツのスモークと、
玉ねぎ、じゃがいも、さつまいものホイル焼きを担当した。

スモークの方は、コンロの火がスモークチップに引火してしまい、
ナッツが焦げ、失敗。残念。

ホイル焼きの方は、ここカンパーニャで半年前に挑戦して失敗したけど、
今回は成功。


燃え盛っている炭ではなく、
火の出ていない炭の中に突っ込んでおいたのがよかったみたい。

ホイル焼きの他に、前菜として
海老とブロッコリーとマッシュルームのアヒージョ、
とりささみとアボカドのサラダ、
そしてパン。


このアヒージョが衝撃的な旨さであり、
是非ともキャンプでの定番メニューにしてほしいと妻にお願いした。


前菜の後は、ソーセージと牛肉を七輪で焼いて、
ご飯と味噌汁と一緒に食べた。



かなり満腹になった。

夕食の最中、僕のカメラ、PENの充電が切れた。
ショックだ。

夕食を終えても、まだ外は明るかったが、
つつじの湯から帰ってくるともうすっかり夜。
さっきまであんなに暑かったのに、
日が落ちるとすぐに冷え込む。

焚き火の続きをしよう。


レモンジンジャーのハーブティーと
ビスケットをかじりながら。


キャンプ場が混み合っているときは、自分達の場所がしっかりと確保できる区画サイトに限るなあ。
区間サイトなら、混み合っていても全然問題ない。

家族連れの方々が多く、大人も子供もみんな焚き火を囲んで
楽しそうにお喋りをしている。
子供が冗談を言って、それに大人が大笑いしている。
そんな幸せそうな人達の中で、僕も幸せな気分になれた。

夜9時を過ぎると、辺りは静かになった。
我々もぼちぼちシュラフに入ろう。

朝のために薪を一束残し、10時消灯。
月がほぼ満月のため、ほおづきを消してもピルツの中はうっすらと明るかった。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  

0 件のコメント:

コメントを投稿